• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

植物はストレスを感じることがありますか?

Kunnen planten stress.. - Blog11 דצמ

植物は困難な状況に直面するとストレスを感じることがあります。植物のストレスは、健康に悪影響を与える状況に対処するのに役立つ生物学的反応です。植物はこれがとても得意です。植物は、悪いカビ、干ばつ、暑さ、寒さ、草食動物に対するあらゆる種類の防御メカニズムを発展させました。これにより生き残ることができるのです。

栽培者として、そのストレス要因と戦うことで植物をサポートすることができ、植物はそれにより最適に開花し、さらに良い収量を保つことができます。この記事では、7つのストレス要因について説明します。

ストレス要因1水が少なすぎる、または多すぎる

しおれを通してこのストレス要因を認識することができます。植物が必要とする水量は種ごとに異なるため、それを正確に知ることが重要です。当社のブログ「私の植物に必要な水量は?」では、水量を見積もる方法と、植物に与えられた水が多すぎたり少なすぎたりした場合の対処方法に関するヒントを見つけることができます。

ストレス要因2間違った場所

完璧な場所というものはありません。すべての植物種には異なるニーズがあります。たとえば、ある植物は別の植物よりも多くの光やより高い温度を必要とします。植物を適切な場所に配置できるように、事前にこれらの要件を確認してください。

植物が間違った場所にあることを知るには?葉に茶色または黒い斑点ができる場合は、その場所が暖かすぎるか、乾燥しすぎています。植物の葉が落ちていますか?その場合は、周囲温度が低すぎるか、植物が水不足になっています。鉢の下に木製プレートを置くと、さらに保護性を高めます。植物の先端が黄色く変色していますか?その場合、環境が寒すぎる可能性もあります。茎が弱っていますか?その場合は、鉢が暗すぎる場所に置かれています。

植物を屋内から屋外に一度に移動することもストレスを引き起こす可能性があります。急激に移行させないよう、最初にシェルターを作ることをお勧めします。

ストレス要因3栄養不足

植物の葉の色が変わる場合、これは通常、栄養素の不足を示しています。肥料には、成長を確実にし、特定の機能が機能することを可能にする微量元素が含まれています。植物にこれらの要素が少なすぎたり多すぎたりすると、有害となる可能性があります。当社のブログ「微量元素とは」では、これについて詳しく説明しています。対策を講じても変色が続く場合は、 pH値にも問題がある可能性があります。当社の製品 pH- および pH + を使用して、pHレベルに影響を与えることができます。

ストレス要因4空気が乾燥しすぎている

冬は空気が乾燥します。葉が乾いてほこりに覆われる可能性があります。これは、植物が十分な光を吸収できないことを意味します。湿らせた布などで定期的にほこりを取り除きます。

ストレス要因5湿度が高すぎる

空気の湿度が高すぎると、植物は水蒸気を取り除くことができません。これは良くありません。なぜなら、根が新しい栄養素を吸収する場所が残っていないからです。優れた抽出装置、換気装置、または除湿機を購入することをお勧めします。

ストレス要因6植え替え

植え替えは、植物にとって劇的なイベントです。新しい環境に到着し、新しい土壌に慣れる必要があり、根を失います。葉が黄色くなったり、落ちたりすることがあります。培養土に適切な栄養素が含まれていることに注意すれば、多くの問題が発生することはありません。通常、しばらくすると植物は新しい状況に慣れ、成長を続けます。

ストレス要因7病気と害虫

植物はまた、病気や害虫に対処しなければならないことがあります。たとえば、菌類根腐れ、または虫の蔓延。虫が蔓延している場合は、植物を他の植物から遠ざけて、当社にご連絡いただくことをお勧めします。詳細については、当社のブログ「植物が健康であるかどうかを確認するにはどうすればよいか」をご覧ください。

BACには、植物の健康を維持するのに役立つ製品がいくつかあります。シリカパワー。この植物ブースターは土壌生物を活性化し、植物細胞を強化します。植物は害虫や病気に対する抵抗力を高めます。

お客様への直接アドバイス

植物が成長している条件について専門家に相談を希望されますか?お問い合わせください

« バック

Scroll to top