• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

母本って何?

BAC-Online-moederplant.jpg03 אוג

母本は、苗床の中で最も大切な植物です。この植物から、次世代の植物を育てる挿し木を取ることができます。そのため、母本は特に大切に扱う必要があります。この記事では、母本の最上のお手入れ方法についてお伝えします。

良好な衛生状態を維持する

母本がストレスや病気にかからないようにしましょう。そうしないと、良い花を咲かせるためのエネルギーが不足してしまいます。そのためには、良好な衛生状態が重要な要素となります。母本に菌を移さないよう、挿し木を採取するときは必ず清潔な道具を使いましょう。

予備の母本を用意します

挿し木を採取すると、母本は多くのエネルギーを消耗します。そのため、追加の母本を育てておくことをおすすめします。こうした行程に、植物が適しているかどうか、どのようにしたらわかるのでしょう?それはテストにかかってきます。数種類の若い植物を選び、開花時期の前に挿し木を採取します。ラベルをつけて、どの挿し木がどの植物から採取されたかわかるようにしておきます。挿し木の花が咲くと、どちらの植物がより美しい花を咲かせ、健康かということがわかります。このようにして、どの植物が母本に適しているかがわかります。ちなみに、雌株のみが母本の役目を果たすことができます。そこで、植物の雌株がどのような形をしているかを知っておくことも重要です。

成長のための肥料、ブルーム肥料、発根促進剤の使用

母本は成長を続けています。つまり、葉っぱや幹が常に成長しているということです。こうした母本の状態をサポート、最高の状態で成長できるようにする製品をおすすめします。最高の結果を生み出す製品:

  • 葉面散布による栄養補給: これにより葉の緑は濃く、また厚みを増し、植物をより強くします。害のある菌類やバクテリアも植物につきにくくなります。
  • 成長肥料: この製品は、成長過程にある母本が必要とする全てを満たしてくれます。発根促進剤と一緒に使用することで、成長過程の結果がさらに良いものとなります。
  • 発根促進剤: これにより、根のまわりの環境をより土壌病害に強くできます。土壌内の陽性菌の成長が刺激されるため、根は栄養素をより簡単に吸収することができます。

この記事に関して、何かご質問はありますか?母本について 直接アドバイスを差し上げます。

« 戻る

« バック

Scroll to top